ARTIST

Daichi

ヒップホップの本場・NYでも認められた真の実力と、ネット&ライブシーンにて国内外での人気を誇る、23歳の日本人ヒューマンビートボクサー!

  1990年7月2日生まれ  /  福岡県出身
10歳の頃から、独学でヒューマンビートボックスを始める。 楽器を一切使わず、口から50種類以上の音色を出すことができ、更にはリズムとメロディーを同時に奏でることができる。自分の口から出る音だけで、音楽を完成させるパフォーマンスを行う。
18歳の頃、自宅で撮った動画をYouTubeにアップしたところ、全世界から注目を浴びる。現在2,200万アクセスを突破!YouTubeチャンネル登録者数は20万人以上!

  SUMMER SONIC2012・COUTDOWN JAPAN・Star Fes等の大型音楽フェスや、クラブイベント等を中心にライブ出演している。マイク1本のビートボックスや、ループステーションで自分の声をリアルタイムで重ね合わせて音楽を完成させるステージ、そして他ボーカリスト・ダンサー・DJ等とのコラボパフォーマンスで、唯一無二なライブステージを繰り広げる。
2013年1月、横浜アリーナにて、久保田利伸氏とのコラボ演奏「上を向いて歩こう」が大好評。また、4月OAの「SMAP×SMAP」にて、SMAPのダンスとDaichiのビートボックスのコラボパフォーマンスが大きな話題を呼んだ。

  国内のミュージシャンだけでなく、Backstreet Boys・Boyz II Men等海外のミュージシャンからもリスペクトをうける。2011年には、Boyz II Menのジャパンツアーにて、メンバー直々に声をかけられ、オープニングアクトとして出演。
2012年、ニューヨークにある名門ライブハウス・アポロシアターが主催するオールジャンルのパフォーマンス大会にて、日本人ミュージシャンとして初の年間決勝戦進出を果たし、世界3位の称号を得て帰国。
2013年7月には、サンフランシスコにて「J-POP SUMMIT FESTIVAL」に日本人アーティスト代表として出演。1万人のローカルファンの前でビートを奏でて一体感を生みだし、大歓声を浴びる。

  2013年7月より、待望のDaichi監修ビートボックスアプリが全世界配信スタート。

Official Website http://daichibeat.jp/